ホルモン状況

10月 3rd, 2010

まだ、ホルモンの適正量がきちんと安定しないので、3カ月おきに血液検査を受けています。
(適正量が決まれば、検査は1年おきになります。)

(1)最初は、Pという一般的なエストロゲン飲み薬を2錠/日。かなり、体が(女性の)匂いました。
(2)続いて、パッチ1枚/2日+黄体ホルモン1日1錠。量が少なすぎました。
(3)さらに、パッチ2枚/2日、Dという塗り薬1包/2日交互で投与+黄体ホルモン1錠/2日。多すぎました。
(4)そして現在、パッチ1枚/2日、D塗り薬0.5包/1日を投与しています。

黄体ホルモンを飲みだしてから血液検査を受けたのですが、(2)のときプロラクチンの値が、適正最高値の2倍、(3)のとき、適正15くらいの値が、90まで跳ね上がってしまいました。
あまりにも高いということで、下垂体に腫瘍があるかもしれないという話になり、今度脳のMRIを撮りに行きます。

もっとも、脳腫瘍の症状はないし、ホルモン剤といっしょに精神科の薬(母乳が出るかもという薬)を飲んでいるので、そのせいだと思うのですが。

Leave a Reply