新しい元号は「令和」です。あと、近況など。

4月 1st, 2019

新しい元号が発表されましたね~。
新しい元号は、「令和(れいわ)」なのですが…。

なんか、令(数字の0?)、和(〇まる)、って感じで、○○っとした年になるといいなって思います…
(ww、意味としてはちょっと違うかもw)

あと、年度替わりですね。
そういえば、障がい者の雇用準備として、就労支援事業所に通うことになりました。事業所に通うことに関して、まずは見学したことと、市役所で、福祉支援受給者証の発行のための、聞き取り調査があった後、約1か月後に、福祉支援受給者証が届き、今日、4/1から、通所開始となりました。期間は、最大2年です。

まあ、就労支援事務所に通うことになったのですが、実際は、年齢などなどで、就労できるのかはわかりません~(=_=)
でもまあ、やりたかったことが勉強できることもあり、頑張っていこうかな、と思います。

それにしても、事業所…。
基本、土日休みで、祝日は通所するのですが…。事業所への支給の関係で、ちょくちょく、土曜に通所する月があるのと(土曜は半日)、あと…GW…、4/27~4/30まで4日間しか、お休みがありません(=_=)。5/1~3は、通所です…。世間も、工場系も、9~10日くらいお休みあるのに…ありゃりゃ(=_=)

あと、障害年金の支給が確定しました。これが確定すると、生活保護が増額になるので(実際は、障害年金分は生活保護から引かれるので、トータルで15000円程度の増額です。)、ちょっと安心です。

実際は、生活保護では、光熱費やネット代や電話代など、やっていくのは、とても難しかったのです…。実際のところ、支払いを1か月遅らせたり、DVDBOXを売ったりして、お金をやりくりすることになっていました。
(ちなみに、DVDBOXを売ると、不労所得となり、後ほど生活保護がかなり減額されます…。)

とりあえず、復帰に向けて始動!(する予定)

2月 24th, 2019

私自身、ぶっ壊れてしまったので、現在、生活保護で生活をしているわけなのですが…。(生活保護に関しては、賛否両論あると思いますが…。)
実際、統合失調症を発症しているので、障がい者として、復帰をしていこうと思います。

職安のパソコンで仕事探しをしたことがある方なら、多分見たことがあると思いますが、「障がい者雇用」。…あ、最近はニュースにもなりましたね、障がい者雇用率問題とか。
もちろん、障がい者雇用として、フルタイムで働くことも可能ですが、実際フルタイムで働くことが出来ない方に関しては、もちろんパートとして働くという選択肢もあります。
でもそれ以前に、ほぼ働くことが出来ない人向けに、職業訓練、という形態をとっている企業もあるんです。「就労継続支援事業所」と呼んでいます。

就労継続支援事業所には、A型、と、B型というのがあって、
まずはB型が、ほぼ就労のできない方々が、週一日2時間程度など、職業訓練として事業所に通う形になります。たまーに、大企業で行われている、「障がい者の作ったクッキーを売っている」とかいう、あんな感じの(クッキーを売る方の)事業所がそうです。
一方、A形。こちらは、事業所と雇用契約を結んで、週5日、一日4~5時間程度で働く感じの事業所になります。あとこちらは、特別支援学校卒業経験、または就労経験のある方のみになります。
どちらも、お金稼ぎ、というよりは、「とにかく長く働く」ことが目的の事業所になります。

そして、もう一つ。
「就労移行支援事業所」というのもあります。こちらは、職業訓練のための事業所で、最長2年通うことが出来ます。もちろん、訓練として通うので、お金は出ませんが(※少し現場に関わって、少しの工賃をもらうことはできます)、例えばパソコンのスキルを磨いたり、職場見学や、面接の受け方、まで指導をしてくれる事業所です。

私自身としては、まず、週5日出勤することは多分無理なので、「就労移行支援事業所」に通うことに決めました。ちなみに、ここへは、PCのトレーニングを行えること、あと、A型事業所を併設しているのも魅力でした。うまくいけば、就労移行支援から同じ事業所のA型事業へステップアップできる可能性もあるため、です。触れるソフトも、ホームページデザインとか映像系だったり、魅力があるのも、決めた理由です。
…ちなみに、もう一つ事業所を見学しましたが、ここは完全な「就労移行支援」のみの事業所で、PCもやりますが、どちらかというと、PCメインの事業所ではなさそうでした。

で、さっそく申し込もうと思っているのですが…、
こういう「福祉サービス」を受けるためには、訓練開始までは、いろいろな手続きが必要みたいです。まずは、面談をして、そして、「サービス受給者証」が2から3週間後に届いてからの、訓練実施となりそうです。
ちょうど、混み合う時期だからということもありそうですが…、

以外に、ゆっくりしているのね~w。

あ、あと、一つちょっと疑問がありました。
こういう施設って、障がい者手帳を持っている方がやるものであって、もし、手帳をもらえなくなってしまった(くらい回復した)ら、どうなるんだろう~って。
実際は、手帳と同時に申請して、精神病などで医療費が一割になる、「自立支援医療受給者証」があれば、良いみたいです。
(なんだぁ、知っていれば、もっと早くから活用していました~w)

今年のバレンタインは仏滅ですが。

2月 10th, 2019

もうすぐバレンタインですね。
義理チョコ本命チョコ…。今年の傾向としては、やはりインスタ映えを狙った、写チョコ!?!?(もちろん自分チョコ)、が流行るそうですね…。
(私も、自分チョコ買おっかな~。)

ところで、こんな話を聞きました。

「今年のバレンタインは、仏滅だからチョコ0個でも仕方ないか~」
なんてぼやいている男性方がいらっしゃるそうなのですが…。

私は言いたい。

「大丈夫です。結婚式は結構、仏滅に開催されていたりしますよ~。」

実は、仏滅って、式場が安いからって、この日に決める方も多いんですよ~w。

なかなか難しいですなぁ…生活保護の精神障がい者手帳加算

1月 31st, 2019

とあるホームページを見ていました。
それは…生活保護の受給額の内容についてのホームページ。

最初は、障がい者手帳を取れたら、生活保護も加算されると思っていたのですよ…

しかし!!

“精神”障がい者手帳では、そんなに簡単に加算されないんですね(@o@)

実際、精神障がい者手帳では、
①障害年金の申請中であること
②障害年金1級/2級に該当すること。

つまりは、①の、障害年金の申請中なら、障がい者加算がもらえるのですが、
②で、障害年金2級(もちろん1級も)に当てはまらないと、年金申請中はもらえていた、生活保護の障がい者加算が、打ち切られることになります。

ちなみに、身体障がい者なら、障がい者手帳を持っているだけで、生活保護の障がい者加算は、もらえるのですが…。

今日、障害年金用の申請書を提出しました。
まず、遡及に関しては、めっちゃ元気だった(配慮された仕事場)ということで、無理でしょう…。あとは、現在の状態で、もらえるのかどうか…。

世の中そんなに甘くないですねww

ちなみに、全然関係ない話、
なんか、生活保護では引き落とされるはずのない、法テラスの代金が、引き落とされていました…(=_=)。電話をすると、生活保護の申請がされていなかったらしいです。弁護士事務所(こちらも法テラス!!)には、書類出したのに…(ToT)。
その額、5400円…!!
引き落とされたお金は、戻ってこないらしいので、今日は一日中、
五千円が…5千円が…と愚痴りたいと思います…w

あともう一個関係ない話。
選挙の時、「ご声援をお願いします」言いますよね?
私はあれ、「ご(五)千円をお願いします~」と聞こえていました…ww
ご声援~ご千円~5千円~五千円~5,000円~!!

障害年金の申請

1月 20th, 2019

障害年金の申請に関して、ちょっとハプニングがありました。
(あ、私の場合は、性同一性障害ではなく、統合失調症としての申請です。)

障害年金の申請には、お医者さんの診断書が必要なのですが、①現在通っている医者、②この病気で最初にかかった医者…。

そして、最初にかかった医者から、③1年半後後にかかった医者…。

③の1年半後の医者に関しては、障害年金は、過去5年分までさかのぼって年金を請求できるのですが、そのために、発症して最初に通った医者より、1年半後の医師の診断書も必要だということを、知らなかったのです…。

でも、なんか、私も③の診断書も請求ができるそうで…。
急遽、③の1年半後の診断書を病院へ要求しています。

もっとも、性同一性障害も含め、統合失調症の治療で長い間通っていたK先生は、お亡くなりになられたそうで…。
でも実は、ちょうど、K先生にかかっていた時、当時はカウンセリングのみの自費診療であったため、私の素行を見て、両親に近くの精神病院に連れて行かれたのが、ちょうど③の「1年半後」に当たり、その期間の診断書がもらえるそうなのです…。

もっとも、③の期間に関しては、投薬もされて、そこそこ調子も悪くない感じだったので、請求が通るのかは、わからないんですけどね…。

ちなみに、③でさかのぼって年金をもらえる期間は、現在から5年前まで。

で、ふと、思ったのですが…。
さかのぼって現在から5年間分の年金を申請できるとして、申請のために必要な診断書は、その5年とは全く関係のない、(私は)10年以上前の期間の診断書。
③以降、ものすごく調子が悪くなったこともあるのに、その期間は一体どうなるの!?!?、まさか無視!?!?
なんか、訳わからないな(矛盾するな)~、と、思ってしまいます…

あ、ちなみに、もし、障害年金が遡及できてもらえると、その分、生活保護は返還しないといけないんですよね~(=_=)
そういうこともあって、そもそも、障害年金の受給を示唆したのは福祉課の方で、福祉課の方には障害年金担当の方もいらっしゃって、年金事務所に聞いてきたり、いろいろとお世話をしてくれます。またケースワーカーの方が、病院に掛け合ってくれたりもします。

あ、あと…噂では、障害年金をもらうと生活保護が受けられなくなるのでは?なんていうことも聞きましたが、実際、生活保護受給額よりも、年金受給額のほうが低いと、年金分は保護費が引かれますが、本来もらえる保護費分までの差額は、生活保護費から賄われるそうです。もっとも、年金が保護費を超えれば、生活保護は打ち切りとなりますが。

あとは、なんとか生活保護から脱出して仕事に就いても、障害年金は更新期限まではもらえるので、その点は、ちょっと嬉しいかも、ですね(^^)。

インフルエンザになってしまいました~。

1月 20th, 2019

もう、治ったんですけどね(^_^)

先週は、バイトやら、市役所に行ったり、でもって電車で女性ホルモン注射を打ちに出かけたのですが…

多分その出かけたのが原因で、金曜日にインフルエンザ(A型)になってしまいました。

今回のインフルエンザは、まず、筋肉痛が襲ってきました。なんか、鎖骨の左下が筋肉痛な感じ。
でもって次の日、体中、特に手足がひどい筋肉痛になって、熱が39度台まで上がりました。

こりゃ、インフルかも、って、すぐに分かりましたので、午後、病院に出かけました。
ちなみに午前中は、障害年金の事でちょっとハプニングがあったので、出かけられなかったんですよ~(=_=)

ちなみに今、生活保護受給状態なので、病院にかかる場合には、福祉課に電話をして、医療券、なるものを病院へ送付してもらうのですが、いつものかかりつけの(大)病院に行こうと思ったのですが、そこにかかると初診料が高いということで、ケースワーカーさんに近くの病院を探してもらって、そこに行きました。

とりあえず、原付で…w
特に帰り、後ろを見ると、ちょっと意識が遠のく感じがしましたけどね…ww

ちなみにインフルエンザの薬は、一回飲むだけで効くそうなので、薬局で飲んで帰りました。今回出された薬は、あとは、漢方の風邪薬などなどでした。

そして…とことん寝ました…。

ちなみに今年はインフルエンザA型にかかったのですが、去年はB型にかかったのですよ…。聞いた話によると、インフルの免疫は1年持たないらしいので、うーん、予防接種も考えないといけないかも、ですね~。

でも他に、はしかとかも蔓延しているので、やっぱりマスクと、手洗いうがいをしっかりしなきゃ、ですね(^-^)b。



あと、自己破産申請しました。

12月 30th, 2018

弁護士の先生の方にも、障がい者手帳の書類が必要ということで、提出しに行ったのですが、その時に、もう、裁判所への申請は済んでいる、と、伺いました。

少し前に、弁護士の先生のところに、陳述書などの書類を提出してきました。
その時に、債務者の方からの、私がカードをどれくらい使ったのかという書類も頂いていて、ちょこっとそれを見たのですが、特にクレジットカードのショッピング枠に関して、事細かく書いてありました。

あとは、弁護士の先生へ書類の提出時に、資産状況の調査もされました。貴金属や車、パソコンやスマホ(2台持ちとか)、さらには冷蔵庫、エアコン、電子レンジまで。私はどっちみち高価なものは持っていないし、家電類は、かなり前のもの。もし、破産管財人が付いた場合(新たに20万円取られます)に、管財人への費用ばかり取られて、債権者の方のほうには何にも渡らない、という結果でした…。

それにしても、陳述書の最後にあったのですが、今後の目標。
もう、借金はしません、ということ。特に、生活費を借金で賄うことがほとんどだったので、それは止めて、息詰まったら生活保護の申請など、とすることにします。個人的にもう、借金はこりごりです…(=_=)。だって、返済に追われている割には、確定申告でその返済分は利益ということになり、結局、収める税金や、健康保険料で倍返し(??)食らったから…。

あ、そうそう…。裁判費用に関しては、現在、生活保護暮らしなので、弁護士の先生や、裁判費用も、今のところは役所が肩代わり、ということになっています…。

あと、ちなみに、CDとか本とか、いらないものは売っちゃおうかとか考えています…。今は生活保護なので、売っても、その分保護費を減らされるだけなので、意味はないのですが…。

とりあえず(??)、障がい者になりました…(=_=)

12月 30th, 2018

障がい者手帳の申請と、自立支援医療の申請をしていたのですが、先週の金曜日、結果が来ました。

自立支援に関しては、前々から対象になっていたので、あ、また来たのねって感じだったのですが…。
※精神科の受診などで、ついつい高くなってしまう医療費を、通常3割負担から、1割負担にしてくれる、そんな医療制度が自立支援医療です。

障がい者手帳の結果も届いたので、保健所にもらいに行ってきました。
結果、精神障がい者手帳、2級、になりました。
3級まである中での、2級なので、思ったより症状は重い、ということになります…w

通常なら、だからどうだってことはないのですが…w
ありがたいことは、タクシー券をもらえることと、バスが割引してくれること、観光施設の入場料が割引になること、位でしょうか…。

ちなみに1級になると、いろいろ税制の控除が受けられるので、そっちの方がありがたいですね(^-^;;

あ、でも…障がい者手帳がもらえた、ということは…、生活保護費に、障がい者加算をしてくれるかも、ですね…(^-^)。

まあ、いつまでも、生活保護に頼るわけにはいかないんですけどね…。
現在は保護費を頂いていますが、なんかギリギリ。「暮らすって物要りね~」って実感しています…。

でもあと、これで、堂々と、障がい者雇用に応募できますね~。
どっちみち、就職活動に関しては、フルタイムでは働けないことを自覚していますし、まずは、パートでの応募でしょうか。

…なーんて言いつつ、以前、職安の相談員さんに、
「あなたには仕事を斡旋できない」
って言われていた事は、まだ片付いていませんけど…はてさて。

長い間ありがとう、さようなら。

12月 16th, 2018

実は、中学以来、ずーっと取っておいたものがあったんです。
それは…、中学のセーラー服。
あ、もちろん、私は詰襟男子学生服でしたよ~w
実は、中学に入学する妹が頂いたもので、実は私、一着盗んでしまっていたのです…ww…夏服を。

毎週末ベッドでこっそり着て、女子感(女子との同一感)を味わっていたのですが…

大人になって独り暮らしをして、さらに性転換手術&戸籍変更もしてしまったけど、なーんとなく、ずーっと取っておいたんです。

でも、もう、これは、捨てることにしました。
最近は、ずーっと着ていなかったし、しかも、サイズが…w

あと、そんなもの着なくても、もう、女性だし。
(まあ、ホンモノじゃないので、いろいろありますけどね…。)

でも…、あーあ、あの当時に戻りたいな~、できれば女子中学生か…、
男子中学生でも、第二次性徴前くらいに…。
(10代で即、女性ホルモン入れますよ~ww)

ちなみにこちらの服は、ネット通販で買ったものです。
(一緒に捨てましたけどネ~(^-^))

お仕事関連と、障害年金。

11月 28th, 2018

一応、市の福祉課に、あなたは障害年金の申請をすることができる、といわれたので、障害年金の、申請準備にも取り掛かっています。

でもねぇ…、福祉課としては、就職活動を頑張ってと言われているのに、働けない&生活にも手助けがいる、という、障害年金の申請をしているっていうことに、ちょっと矛盾を感じているんですよね~(-_-#)

でもまあ、障害年金をもらいながら、働いている人もいるそうなので、矛盾はしないのかもしれませんね。

それにしても、こんなブログをカチャカチャ書いているのなら、なんか、自宅で出来るお仕事があればいいなあ、なんて思ってしまいます…(^-^;;)、テレワークとか…。
(もっとも、PCでの在宅ワークは、怪しい仕事ばかりのような気もしますけどw。あと、地元のIT系は、大企業の下請けが多いので、逆に企業秘密とかで、簡単にテレワークにできない業種が多いんです…。)

話は戻って、障害年金。

なんか、結構大掛かりに、資料を書かないといけません。
まず最初は、現在の病気で、一番最初にかかった病院の、初診日の情報。
これを基に、年金記録と照らし合わせて、障害年金の申請ができるのか、決まります。私自身、現在は統合失調症(あとは性同一性障害)なのですが、最初に行った病院は、東京に住んでいたので、東京の方の病院でした。もう。かれこれ20年ほど前。運良く、初診日の情報と、当時の診療記録も見つかりましたので、とりあえずは出だしは好調。
この初診の病院が、本当にネックになっていて、精神科・心療内科に通っていたのなら、それの最初にかかった病院、でも例えば、それが原因で体調不良を起こし、内科にかかっていた場合は、内科の病院が初診、となります。
私自身、最初は、性同一性障害の病院目的で行っていたので、そこで鬱と診断されましたが、これは、ちょっと微妙かな…。実際、統合失調症でかかった病院は、約10年前の、親に連れられて行った、精神科だったから。

とりあえず、最初の一歩は踏み出せたのですが、とにかく、資料をたくさん書かないといけません。最初の病院からの状況を書くのですが、コロコロ病院を変えているし、長く通った病院も、3~5年ごとに分割して書かないといけません…。

まあ、それは大変なのですが、幸い、私自身には、良いものがありました。
それは…「生活歴」。性同一性障害の診断のために書いていたものだったのですが、それなりに詳しく、病気の事に関しても書いていたので、それを手掛かりに、書いていこうと思います。

あと、仕事に関しては、以前のブログにも書いたとおり、職安で、「あなたには職を紹介できない」、といわれてしまったのですが、以前からやっていた、単発のバイトを、おいおいやっていこうと思います。

(とりあえずは、仕事で失敗(行けなかったり)しても、お金の件は一応大丈夫なので、気は楽です…。)