放浪息子の原作を買いました。
既に1巻はアニメ放映後買っていたのですが、2巻以降がAMAZONでマーケットプレイスの品しかないということで、1~11巻セットで大人買い。
(こちらは、普通のAMAZONのほうで全巻新品で売っていました。まだまだ在庫ありそうです。)

で、小学生編を読み終えました。
アニメが中学生編からだったこともあり、高槻君とにとりんが付き合っていた頃とか、マコちゃんの登場、ふーん、と思って読んでいました。あと、このシーンをアニメで使ったのか、とか。
やはり原作は、そのときの感情がしっかり書き込まれているだけあって、内容に引き込まれますね。
次々読みたくなって、一気に4巻目まで読んでしまいました。

そういえば、私自身、放浪息子のキャラに当てはめると、マコちゃんだ、と思いました(^^;
登場時のあの髪型といい、ぬいぐるみ好きといい、そばかすや論理的な意見は言わないけど、女に見られない(??)ことといい…(^^;

さて、続いて中学生編です。どんな内容か楽しみ♪
(というか、原作で11巻。ぼくはおんなのこ、の公演が終わったあと、自分の体の変化に戸惑いを表すにとりん。この内容が一番気になります。)

よろしければ、いいね、フォローどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です