タイトルとおりなのですが。
子宮のない女性へ、子宮を移植するためのガイドラインが公表されていますよね。
今のところは、子宮を摘出したか子宮のない「女性」で、母親から娘への移植が対象なのですが…。
FtM(女性から男性に性を変更)から摘出して、MtF(男性から女性に姓を変更)に移植できればいいな~なんて思っていたら、ウィキペディアにこんな一文が。


男性の妊娠可能性

前述の東京大学形成外科三原研究チームによる卵巣凍結実験に関連して、ブタの子宮移植実験の結果から、将来的に女性から男性へ性別適合手術 (SRS) を行った人の子宮を凍結保存し、男性から女性への性別適合手術の際に移植することの可能性を語っている[16]


子宮って赤ちゃんを育てるための部屋だから、(それ以前に赤ちゃんが)繊細なんだろうと思うので、特にMtFへの移植は、妊娠中のホルモンコントロールとか大変だろうなって思う…。
ちなみに、es細胞が話題になったころは、これで子宮ができたらな~なんて当時の先生に話したら、生きているうちは無理だろうという返事がwww

よろしければ、いいね、フォローどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です