なんか突然、東京のナグモクリニックから着払いの宅急便で書類が届いたんです…。
何だろう?…と思ったら…??

あなたは、性別変更判定会議において、性別適応手術の適応が認められました…と書いてありました。
あとは、私が提出した、K先生の意見書などなどが入っていました(つまり返却)。

ちなみに、ナグモの方の精神科の先生の意見書は、K先生の書類の通りです。相違ありません、と書いてありました。

さて、これで、手術が受けれるぞ~とは思うのですが、
なんせ、手術費がないww…。
この病院はローンOKなので、ローンを組んで…と思うのですが、仕事していないwww。
まあ、お仕事の話は、2箇所から来たのですけどね。一気に。
(ただ、契約社員だっていうことと、まだ確定はしていないってこと。)
ま、ローンも組めるかどうかわからないけど…。
あとは、一人暮らししているけど、実家の家族にも手術する、と話さなきゃ。

でもって、手術関連のメモ。
・手術方法(膣の形成方法)は、お股の皮から作る方法、ペニスの海綿体を使う方法、大腸を使用する方法がある。
(大腸法が205万円ほどで、予約も結構先。他は140万円ほど。ちなみにお股の皮からは皮を脱毛しないといけないし、ペニス方では大きさにもよる。)
・手術の4週間前からホルモン中断。
・手術後入院は1日ほど。
・手術後、週に一回クリニックに通わなければいけない(平日かも…)。
・2週間後に抜糸。
・1ヶ月経つまでは運動禁止。
・2か月経ったら性行為OK.
・6か月経つまでは、違和感(感覚異常)が起こる。
・もっとも、手術後、再手術しないといけない場合も起こる…
こんな感じでしょうか。

あとは、性別変更関連で、最低3万円かかる、などなど。

あと、面白いものを見ました(^^)私の染色体です(笑)。

46XY、男性として染色体に異常なし、とのことです。

よろしければ、いいね、フォローどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です