ナグモクリニックにて。

GID治療で手術を受けるためには、精神科の先生2名の意見書が必要なんです。
で、判定会議にかけられて、OKなら手術ができる、という感じなのですが…。

今日は、2人目の精神科の先生の診察(セカンドオピニオン)を受けてきました。

今回(セカンドオピニオン)の先生は、K先生の意見書を見て…
「ここに詳しく書いてあるので、それで判定会議通します」とおっしゃって、
「先生とお話しするのは、あるのですか?」
「特には無いです」
と言われたのですが…。

帰りのお会計、前回は、セカンドオピニオン料、5250円が必要です、といわれていたのですが…。
今日は必要ありません、先生がサインされなかったので、との事。
あれっ???、先生とは、もうお会いしなくてもいいのでは???
どうやら、私が、「手術はお金が貯まってから」ということだったので、次回(次次回??)にまわされたみたいです(>_<)
でもって、ちょうど、私自身鬱状態だったし…「最近仕事で、鬱気味です、と話したから」ww

で、精神科の先生の次の予約いつにします?
と聞かれ、じゃあ、次回(2ヶ月後)で、とお話ししたのですが…。
判定会議への資料(K先生の意見書)で、実は、足りないものがあったのです。
それは、「染色体検査結果」。
まあ、染色体的にも、私が、正常な男性ですよ、と、証明する必要があるのです。
その費用が、21000円。でもって、結果が来るのが3週間後くらい。

あと、手術について。
最初は、お金が貯まってからしようと思っていたのですが、
ローンでできるのなら、ローン組んで早くやってしまいたいし…。

なんて、受付の方に話していたら、
「じゃあ、今日、院長先生のサインをもらっておきましょう」
ということになって、
院長先生から、手術の説明を受けて、
同意書にサインをして…
「手術申込書」なるものを頂いてきました。
(まあ、気休め対応なのかな、と内心思ったけど…)

いわゆる性転換手術(性別適合手術)で膣を作る方法には、3パターンあって、
①陰茎皮膚移植法・・・ペニスの内側の海綿体??あたりを使います(陰茎が長い人向け))
②陰茎隠嚢皮膚反転法・・・ペニスと睾丸の皮膚を使います。(先に、該当部位を脱毛する必要があります。)
この二つが、115万円(消費税8%の場合)。
③大腸法・・・大腸(S字結腸)を使います…205万円(同じく消費税8%の場合)なり。

まあ、どっちみち、判定会議でOKが出て、それから手術予約をして…(でもって、ローン審査が通って)…からなので、まだまだ先になりそうです…。

それにしてもさぁ…
100万(200万)あったら、何がしたいですか??
車買う?、それとも旅行?
普通の人なら、そんな感じで好きに使えるお金を、GIDは、自分を取り戻すための手術のために使わなきゃいけないんです(>o<)。
あとは、脱毛、豊胸。あ、声を高くする手術なんてのもあったり。
どれもこれも、50万円以上。
(正直、それがばかばかしい、と思っていた時期もあったりしてw)

よろしければ、いいね、フォローどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です