性同一性障害(GID)になった原因???

10月 11th, 2010

私が、なぜ「女性」にこだわるのか、ちょっと考えてみた。

最近思うことは、「もともとプロラクチンが高かったのでは?」
だって、一人エッチのとき(SEXはしたことないんですが…)、必ず、胸を触ることから始めていたから。くすぐったくて、とても気持ちがよかった。そして、必ず上下同時に触ってエッチしていた。
胸が欲しくて、「おっぱい大きくなぁれ」って、呪文を唱えながら、自分の胸を触っていた事もあったっけ。
そんな一人エッチは毎日。もちろん、射精もしました。そうすると乳首がピリピリってなったっけ。
(プロラクチン、というホルモンは、女性の母乳を作る物質なのですが、男性も持っています。男性でプロラクチンが上がると、いわゆる「萎える」とか。)
そして、ピリピリする乳首をまた触りだして気持ち良い、と…。

この、「乳首ピリピリ」の原因が、プロラクチンなのかなって。

もっとも、最近の検査で、「プロラクチンが高い」って出ましたが、6年前、精神科の薬を飲む前は、正常値でした。やっぱり、薬のせいのような気もします。

そういえば、女性ホルモン入れて本当に胸が大きくなったとき、普通は「痛い」っていうけど、私は全然痛くなかった。痛くなったのはごく最近、黄体ホルモンを処方してもらってから。
(こんな痛いものか、と、正直思いました。)

でもでも…それ以前に、GIDの症状としては、女の子と遊びたいんだけど…っていうのがありましたけどね。
あと、なんとなく、エッチして下を触って、男性ホルモンが高くなったような気がして後悔する、とかもありました。
(最近は、下を触ってのエッチはほとんどありません。)

Leave a Reply