そういえば、膣拡張…

12月 20th, 2017

そういえば、膣拡張が…、ご無沙汰です…(=_=)

まあ、その原因が、疲れでテレビ&電気点けっぱで、ちょっと寝転ぶつもりが、そのまま寝入ってしまうこと、などなど。

なーんて言ってられないんですが…。
膣拡張は、結局のところ、毎日行わないと、せっかくの膣が縮んでしまうんですよね…。

あとは、多分…、
拡張棒を入れておくと、内部の洗浄になるのかもしれません…。
ちなみに膣の洗浄は、膣シャワーというものをシャワーの先に取り付けて、膣の中に入れてシャワーしますが…。
(手術直後は、シャワーが使えないことと、膣の洗浄のためにも、拡張棒を朝晩入れます。)

ちなみに、少し前、いわゆる男性器型バイブレーターを買ったのですが…、
入らなかったことと、あと、無理に入れてバイブをうねらせると、膣が破れてしまいそうな気がするので、結局使っていません…。
あとは、私の場合、尾てい骨の骨が出っ張って穴をふさいでいる感じがするので、実際に男性のモノを受け入れるとなると、男性、穴に挟まれて痛いだろうな~、とも、ちょっと考えてしまっています。

ここで結論。

SRS手術での、膣作成に関しては、よーく考えたほうがいいのかも。
お相手が出来て、実際に行為で使えるのはとても良いことなのですが…。
朝晩、拡張棒を30分間入れている暇がないのであれば、ちょっと考えたほうがいいのかも…。

…って、ちょっと思ったり…。

もっとも、膣なしでSRS手術を行ってしまったあと、今度欲しくて膣を作るとなると、今度はS字結腸を使うので、手術代合わせて倍くらいかかることと、2回手術をしなければいけないので、2回長期間お休みを取らないといけなくなるのですが…。

もっとも、これから手術をしようと思っている皆さんが、どうするか決めることです。
膣を作るかどうか、さらに手術をするかどうかは、よーく考えて、自己責任(手術が国内ならフォローが効きますが)で行ってください。

参考
・膣なし手術、約90万円
・膣あり(皮を使う)手術、約120万円
・膣あり(S字結腸を使う)手術、約250万円。

価格は概算です。

あとは、手術中の入院費、ホテル代や、拡張棒代、タクシー代などなど…。
手術を行う前の、診断書・検査代などなどもかかります…。

あと、私の場合は、手術後、デスクワークで円座に座ればいいのですぐに働きたかったのですが、
会社のほうが心配してくれて、手術後数ヶ月は、仕事できるの??、と、半年お仕事なしでした…(=_=)。

Leave a Reply